採用率急上昇!? ☆4攻撃型傭兵『ニア』にできること

ブラウンダスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

☆4なのにアリーナ採用!? 『ニア』とは

2019.9.5のアップデートで助力者『イェラ』が実装され、15凸となった『ニア』。

©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.

2019.9.7現在のアリーナ上位100名を見ると、その採用率は31%と、☆4にしては驚異的。

どうしてこんなに採用されているのか。

順番に確認していきます!

ステータス

©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.

ステータスは平々凡々ですね。

まあ、☆4ですから、こんなものでしょう。

スキル1 『4連撃』

©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.

ニアといえばこれ。4連撃。

連撃系では現状最大回数の4回になります。

攻撃力が50%減なので、実質、攻撃力の2倍の数値がダメージとなります。

ルシウスメタとして非常に優秀です。

ルシウスは無凸でも最低限の活躍をするので、4連撃あれば、デスガードのほとんどを削りきることができます。

(ルシウスの採用率:上位100名においては採用率90%)

スキル2 『失血Ⅱ』

©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.
©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.

第2スキル『失血Ⅱ』は、二つのスキルで構成されています。

『失血Ⅱ』と『究極の一撃』の両方とも、クリティカル発生時のみの発動となります。

『失血Ⅱ』は防御型特攻のスキルで、3倍のダメージを6ターンにわたって与えます。

デバフ免疫、持続ダメ免疫等には通用しませんが、ルシウスやセシリア、カオリなどはどちらも持っていないため、有効となります。

(ただし、ミカエラのバフがかかっているとダメですが……)

『失血Ⅱ』は重複適用可能なので、クリティカル率100%だった場合、防御型には

毎ターン攻撃力×180%のダメージが入ることになります。

6ターンの合計では、なんと1,080%です!

『究極の一撃』もクリティカル確率100%なら4回発生します。

スキル3 『機敏特性(永続)Ⅱ』

自身の敏捷を参照してクリティカル確率を上昇させ、クリダメを65%上昇させます。

☆6ルーンの追加オプションで敏捷は8%×2上がりますので、最大敏捷が36%。

よって、このスキルによるクリティカル確率上昇値は最大45%となります。

覚醒スキル 『敏捷力上昇Ⅱ』

©NEOWIZ & GAMFS Inc. All rights reserved.

基本攻撃後発動。

☆6ルーン敏捷オプションをつければ、敏捷力100%となり、かすり確定となります。

ただ、攻撃型なので、敏捷が100%だろうが、被ダメ軽減が35%ついていようが、

相手のアタッカーにはワンパンされますね……。

おまけスキルみたいなものです。

(ちなみに、『機敏特性(永続)Ⅱ』が参照する 敏捷力は戦闘開始時のものなので、このスキルとのシナジーはありません)

実際にどのくらいの火力が出るのか?

採用率の高いミカエラ、ステラのバフがかかってる前提で計算してみます。

ステラがいるので、ルーンは怒涛×2(合算で250%)とします。

すると、戦闘時のステータスは以下のとおり。

傭兵名ニア(戦闘開始時)ニア(2バフ時)
攻撃力5783,116
HP2,4702,470
防御力5%15%
クリ率55%100%
クリダメ365%488.63%
敏捷36%46%

(怒涛ルーン(125%程度)×2、敏捷オプション8%×2で計算)

ミカエラ、ステラのバフをかけると、上記のようになります。

ダメージ計算をすると、

通常攻撃:3,166×4×(1+4.8863)≒76,899

究極の一撃:3,166×1/2×4× (1+4.8863) ≒38,499

合わせると、大体115,349。

え、これ計算間違ってますか……?

到底☆4の火力じゃないと思うんですが……。

更に、『失血Ⅱ』のダメージが以下のとおりです。

防御型以外:2,795×6ターン=16,770

防 御 型:8,385×6ターン=50,310

相手の防御力、被ダメ軽減をもろに受けるとはいえ、この火力は恐ろしいですね……。

採用率が高いのも頷けます。

対〇〇で考えるニアの運用

ルーンなどにも影響されるので、計算はざっくり行います(100未満切捨)

対セシリア

 ステータスは以下のとおりとして勘案。

傭兵名セシリア
HP13,500
防御45%

(血気・鉄壁ルーン装着)

ニアの4連撃を受ける際、セシリアは『範囲制限(永続)Ⅱ』により、その都度被ダメ×50%回復するので、それを踏まえて計算すると、

通常ダメ1回につき、18,600×0.55×0.4≒4,000。

追加ダメはこの半分2,000。

セシリアはその都度半分回復するので、実際に通るダメージはこの半分。

なので、ざっくり合算して12,000くらい。

ぎりぎり倒しきれませんね……。

このあと、セシリアは回復バリアで毎ターン800程度回復します。

一方、ニアの『失血Ⅱ』は913程度。

(8,300×0.55×0.4×1/2)

1ターンあたり100強くらいのダメージですね。

ざっくりの計算ですが、これでおおよそトントンくらい。

なので、怒涛ルーンUR×2で、300%クリダメを乗せてれば、

ニアでもセシリアを抜けるのかもしれません。

ただ、そのハードルは高いですが……。

対カオリ

ステータスは以下のとおりで勘案。

傭兵名カオリ
HP60,000
防御力10%

(血気ルーン×2装着)

カオリは、永続の回復と被ダメ35%即時回復、基本攻撃後に被ダメ軽減65%があります。

基本攻撃前であれば、

ニアの攻撃の90%がダメージとなるので、

10万近いダメージを入れることができます。

つまり、カオリは確殺できる。

しかし、基本攻撃後となると、追加攻撃を合わせても、36,000程度のダメージしか入りません。

その後、『失血Ⅱ』で毎ターン2,600程度のダメージが入りますが、カオリは4,800程度回復しますので、実質無効化されます。

ニアと同じく15凸になったカオリですが、やはり☆5だけのことはあって、一筋縄ではいきませんね……。

まとめ

15凸になり、強化キャラの仲間入りをしたニア。

今度は、☆5のウィルヘルミナとの比較ができればいいなと思います。

今後の採用率はどうなるかわかりませんが、現状は積極的に採用してもいいかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました