速読ではない? 『死ぬほど読めて忘れない高速読書』を読んでみた。

書籍
スポンサーリンク

普段からちょくちょく読書をする方ではあるのですが、最近はめっきりまとまった時間を取ることもできなくなり、気づけば積読が増えてきているのが悩みでした。

そんな時にに目に留まったのがこの書籍。

昔から「速読」という概念に興味はあったので、そういった類の書籍を読んだ記憶はあるのですが、内容は全然覚えていない笑

なので、この書籍がタイトルどおり「死ぬほど読めて忘れない」のであれば、それはもう非常に画期的なことで、お金を出しても手に入れたいスキルの一つです。

それが、この書籍を読むだけで手に入るのか……?

読みながら思っていたのは、「進研ゼミみてぇだな」でした。

ああ、いい意味でですよ?笑

実用書あるあるだと思いますが、「これをやればすべて上手くいく!」みたいな表現が散見しておりました。

著者さん曰く、高速読書を身に着けると、仕事は充実し、コミュニケーション能力が養われ、論理的思考が得意になるのだそうです。

これに関しては「嘘くせぇな」と思うより、素直に「だろうなぁ」と思いました。

スキル「高速読書」を身に着ければ、実用書(200ページ程度)が30分で読むことができるとのことなので、確かにその速度で本を読むことができ、なおかつ記憶に定着するのであれば、仕事で必要な知識を大量に取り入れることも、コミュニケーションのための糸口となる話題を本から拾い上げることも、論理的に書かれた文章を読み込むことで、自然と思考が論理的になることは当然ありえると思います。

ただ、少し誇大広告が過ぎるのでは……と思いましたが、言いたいこととしては、進研ゼミときっと同じで、テストで良い点を取って自身がつくことにより、ほかのことにも精力的に手を出せるようになる、あるいは効率のよい勉強方法を知ることによって、部活動などでも効率を求めて行動することができるようになり、結果、あらゆることで成功を遂げることができる、という論法と同じですね。

問題は、この本を読んで、本当に「高速読書」が身につくのか、それ以前に「高速読書」なんて技能が存在し、更には誰にでも使える普遍的なスキルなのか、というところですが。

スポンサーリンク

読んでみた結果。

そうですね。

「やれなくもないだろうけど、やってみないとわからない」という印象でした。

本の中で、具体的に「高速読書」の実践方法についていくつか触れていますが、ざっくりまとめると、

  • 目的を持ってから読む(どうしてその本を読むのか。その本から何を学びたいか)
  • タイマーを設定して、時間を感じながら読む。
  • 読まないところを決める(目次、あとがき、イラストや図表など)
  • 漢字を中心に読む
  • 3回に分けて読む。1回目で重要だと思ったところはドッグイヤーし、2回目はその部分のみを読む。3回目は、2回目の読書で定着していない場合や、深く理解したいときに実施。
  • エピソード記憶を活用するため、読みながら、青ペンで本自体に殴り書きをする。
  • 読んで理解したこと、学んだことをキチンと読後にアウトプット。

こんなところでした。

「高速読書」は、書籍全体を読む速度を上げるというよりは、その書籍の肝要となる部分を見極め、そこだけを重点的に読む、というスキルのようですね。

まず、本を読む前に、その本からどんなことを学びたいのか、目的を設定する。

人間は時限が設定されいれると集中力を増す生き物なので、その性質を利用してタイマーをセット。

設定した目的を満たせるところを重点的に読み込み、それ以外の部分は軽く目を通す程度で飛ばし読み。特に必要だと思ったところはドッグイヤーして、あとから見返せるようにする。

結構、理にかなっているし、実践もしやすいな、と感じました。

早く読むための具体的な技術としては、漢字のみを読む、というものくらいでした。

これは前に何かの本でも読んだことのある技術で、実際にやってみると、ひらがなは読まなくても文章の内容は結構理解できます。人間がそういう風にできているようですね。ひらがなは感じの補足をする程度の役割だ、と断じてもいました(ただ、例外的に「だから」とか「しかし」の接続詞は、重要な内容を記すための文言なので見落とし厳禁)

「本に記されている内容がすべて重要ではない」というのは、結構僕にとっては衝撃的でした。

僕は細かく全部を読んでいたので、一冊を読むのにかなりの時間がかかっていました。

この本を読んでから、何冊か「高速読書」を意識して読んでみましたが、必要としているところはしっかり理解が追いついていました。これには結構びっくりです。この調子なら、休日などまとまった時間が取れるときには、数冊の書籍を読み切ることも難なくこなすことができそうです。

ただ、枝葉末節は切り捨てなければなりません

「自分がその本から学び取ろうとしていること」は、理解できるのですが、それ以外で作者さんが伝えようとしていることは、ほぼほぼ頭に入ってきませんので(笑)

まあ、飛ばし読みをしているのだから当然ですね。

文章力を鍛える本があったとして、技術的な説明の補完内容で、音楽のこととか、車のこととかが書かれていたりしますが、読み終わったあと、具体的にどんな内容(作曲家名とか、車種名とか)はほとんど記憶の彼方です。

「せっかく購入した本なんだ、書かれている内容はすべて自分の血肉とするぞ!」という方には、「高速読書」という方法は適してないのだと思います。

一言一句読み落とすことなく、ゆっくりと深く理解をするのであれば、やはり時間をかけた熟読、というのは必要になってくるみたいですね。

ただ、実践してみた結果、こと「深く理解する」ということに関しては、「高速読書」は非常に有用でした。

人間、興味のあることなら、理解するのも記憶に定着させるのも容易ですからね。

「この本からはこれを学ぼう!」という明確な目的があるのであれば、学びたい情報以外はすべて排斥し、なんならその本にはそれ以外の情報なんて書かれていないかった、くらいの読後状態でもいいのかもしれません。

長々と書きましたが『死ぬほど読めて忘れない高速読書』は、これから何かを学ぼうとしている人には、非常にためになる一冊だと思いました。

昨今は時間に追われる毎日を送る人が多いと思われます。

そんな多忙の中でも、スキルアップを考えている人には、うってつけの本だと思うので、もしも機会があれば読んでみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました