【レビュー】Amazon Alexa搭載のスマートウォッチ『fitibit versa2』はおすすめ!

fitbit versa2 生活

今までHuaweiのスマートウォッチを使っていたのですが、その、色々ありましたからね……。

別のメーカー品に乗り換えようと思い、以前から気になっていたfitbitにすることにしました!

ちょうど新作が出たばかりだったので、versa 2を購入。

(ヴァーサと読むらしいです)

アップルウォッチに似たサイズ感のシリーズのやつですね。文字盤部分が大きく、近未来的です。

アップルウォッチにも興味があるのですが、そもそもスマホがiPhoneじゃないので選択肢に入らず。

以下、購入してみての感想もろもろです!

パッケージは結構ダサい……?

fitbit versa2 パッケージほか

箱の表面はつやつやしてて高級感があるのですが、なんかパッケージの写真が安っぽい笑

(僕個人の感想です)

まあ、本体の性能には関係がないので問題ないですけどね。

同梱されているものは以下のとおり。

  • 本体
  • 付替用のバンド(大きめのもの)
  • 充電器
  • 説明書(非常に簡易的なもの)

実際に使ってみて良かったところ

まずは、良かった点から。

画面が見やすい

僕は主にラインとスマホゲーの通知を手元で見られるようにするためにスマートウォッチを使ってるのですが、『fitibit versa2』は画面が大きいうえに、文字も鮮明で見やすいので、「手元で通知が見たい!」という人は十分満足のいくクオリティだと思います。

なお、『fitibit versa2』は設定により、繋いだスマホに入っているアプリの通知なら基本的になんでも受け取れるので、安価なスマートウォッチのように、買ってみたけれど全然通知を受け取ってくれない……ということはなさそうです。

僕が確認したところ、大抵のアプリには対応していましたが、一部対応していないアプリもあるかもしれませんので、あしからず。

少なくとも、LINEはしっかり綺麗に通知してくれます。

LINEを手元で返せる

『fitibit versa2』では、LINEの通知を受け取ったとき、手元で内容を確認できます。

(文字制限がありますが、長文じゃなければほぼほぼ全文表示可能)

その際、いくつか、スマホを開かなくても返信する方法があります。

  • 音声認識
  • 定型文
  • 絵文字

音声認識はちゃんと認識してくれるので、長い文章でも送ることができます。

(ただ、装飾のない文章になりますが)

定型文と絵文字については、あらかじめ設定しておいたものが使用可能です。

(定型文は5通り、絵文字は18通り)

なお、『fitibit versa2』でLINEの通知にて内容を確認しても、既読がつくことはないので、

未読無視派の人にはおすすめのツールかもしれません笑

振動が強くて通知がしっかりわかる!

通知がきたときなどの振動が「強」と「標準」から選べますが、断然「強」がおすすめです!

「ブルルッ」と手首にしっかり振動が来るので、通知を見逃す心配がありません。

スマホゲームなどで、スタミナが満タンになると通知がくるようなアプリでは非常に役立つ機能です。

僕もそういった類のスマホゲームに熱中しているのですが、『fitibit versa2』にしてから、スタミナを無駄なく消費できるようになりました!

ゲーマーの方にもおすすめです!

アプリが沢山ある!

『fitibit versa2』に対応したアプリというのが非常にたくさんあります!

タイマーや音楽アプリ、電卓などなど……!

これからも増えていくようなので、更に便利になることが期待されます。

(ただ、説明文が英語のものが多い印象ですが)

これに関しては別に記事を書く予定なので、そちらを参考にしてください。

Amazon Alexaが搭載されている!

これが 『fitibit versa2』の一番の魅力かもしれません。

Amazon Alexaが使えます!

(Amazonの開発した人工知能(AI)音声認識サービスです)

他の対応ガジェットのように「アレクサ」と呼び掛けての起動はできませんが、

本体のボタンを長押しするとAlexaが起動し、音声認識で色々なことができます。

たとえば、「今日の天気は?」と聞くと現在地付近の天気や気温について教えてくれます!

他には、リマインダーやタイマー、アラーム、買い物リストなどに対応しています!

また、「〇〇とは?」と尋ねると、大抵のことなら受け答えしてくれます。

何か気になったこと、意味の分からない単語や言葉があったとき、Alexaを起動して尋ねるだけで調べてもらえるので、この機能も非常に便利です!

手首で色々なことができるようになるので、これぞスマートウォッチ!という感じです。

気になったところと良くなかったところ

次に、「んー、これは……」と思ったところ。

歩数計が正しくない?

これについては実証してないので、なんとも言えませんが、実際以上の歩数が計測されている気がします。

あまり歩いた生活を送っているつもりはないのですが、平均して1日1万歩くらいカウントされています。

(以前使っていたスマートウォッチでは4千歩くらいが平均でした)

『fitibit versa2』 にしてからよく歩くようになった、ということもないので、ちょっとおかしいのかな、と漠然と感じます。

まあ、前のスマートウォッチのほうが間違っていた、ということもあるかもしれませんが。

これは機会があれば実証してみたいです。

電子決済は日本では使えない。

これが、アップルウォッチと比較して一番残念なところだと思います。

アップルウォッチはSuicaが使えたりしますが、『fitibit versa2』 ではそれらが一切使えません。

諸外国では対応しているものもあるようですが、『fitibit versa2』は FeliCaを搭載していないため、日本ではほとんど使用できる機会がないのが現状です。

スマートウォッチで決済したい、という人は、アップルウォッチを購入するほうが良さそうですね。

まとめ

Suicaが使えないなど、もう少し欲しかった機能というのはどうしてもありますが、全体的な完成度は高いと思います。

特に、fitbitは運動する人に適したガジェットになっているので、毎日ランニングする人や、意欲的に身体を動かしている人には、日々のトレーニングの管理に非常に適していると思います。

画面も見やすく、LINEなどのスマホアプリの通知は非常に便利となっているので、「スマートウォッチに興味があるけれど、アップルウォッチは少し高すぎる……」という人や、「ランニングやサイクリングの記録をつけて健康管理したい!」という人、「スマホゲームの通知を絶対に見逃したくない!」という人には非常におすすめのスマートウォッチでした!

さて、運動を始めなければ……。

タイトルとURLをコピーしました