【あつ森】素材をそのまま売るのと道具にして売るのではどっちが効率的なのか?【攻略】

DIY1 あつまれどうぶつの森

何かとお金のかかるあつ森。

金策に明け暮れる毎日ですが、もくざいなどの素材をそのまま売るのと、DIYで道具にしてから売るのではどちらが儲かるのでしょうか?

ちょっと調べてみました!

比べてみた!

素材の売価と、それを用いて作る道具の売価を比べてみました!

道具名素材売価道具売価差額
ショボいオノ100200100
いしのオノ380560180
オノ755625-130
ショボいスコップ300200-100
スコップ57560025
ショボいつりざお2510075
つりざお475600125
ショボいあみ2510075
あみ475600125
ショボいジョウロ300200-100
ジョウロ57560025
パチンコ300225-75

上記のような結果になりました!

オノ、ショボいスコップ、ショボいジョウロ、パチンコはどうやら赤字になるようです。

作ったほうが売値が安いっていったいどういうことなの……。

まあまあな利益が出るのはいしのオノ、つりざお、あみの3つですが、これを作るのにはまず前段階として、それぞれショボいおの、ショボいつりざお、ショボいあみを作ってやる必要があります。

DIYは1個作るのに結構時間がかかるので、この程度しか利益が出ないのであれば、DIYに時間を割くよりも、その時間で素材を集めたり、魚や虫を捕まえているほうがよっぽど効率がよさそうですね!

まとめ

  • 素材を道具にして売ると赤字になる道具もある
  • 利益が出るものもあるが、その金額は微々たるもの。
  • 素直に魚や虫を捕まえて売った方が金策効率的には〇

以上です!

少しでも金策の参考となれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました